teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 激安人気新作ヴィトン偽物コピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


12日寺島先生のレッスン

 投稿者:塚本  投稿日:2015年 4月14日(火)23時32分49秒
返信・引用
  先週の寺島先生のレッスン、音楽のイメージや吹き方について色々と提案をもらいました。とても面白かったです!
欠席された方とも共有したいので書いておきますね!
見落としがあったらフォローお願いします☆

【カレイドスコープ】
・5~発音はTuではなくFuで入る。
・90は3拍めまで<で盛り上がります。4拍めのmpはsubitoな感じで。
・91~は夏の(少々暑苦しい?)イメージ。
・95のpはHrを聴いて。
・104のフェルマータは先生が指揮をバウンドさせます。音も頭がバウンドする感じで。(10小節目も同じ感じでやってます)

【宇宙】
・52~と112~のFlの8分は星がキラキラ光ってるイメージ。
・76がff  77がf 。音が下がっていくのを感じて。
・82・83は 2小節かけて音が落ちていくイメージで。小節線をまたがないで一続きで。
・101は音色暗く。
・142は音が固くならない。音価少し長めに。
・186の4拍めで辿りついたpは「何もなくなった」という「さみしさ」を表してます。
・212は裏拍で鳴るピアノを聴く。
・262~イメージはアルプスの山。そびえたって動じない感じ。そのために、上がったFの音が強くなったり、音によって音色が変わったりしないように。266の1拍め裏~はまた雰囲気を変えて(262がアルプスを正面から見てるとしたら今度は横から見るみたいな感じで)
・270・282のpは「止まった」感じ。
・371の3連はためずに372に入る。
・489の最後の8分音符は、コンクール仕様で長くします!2分音符くらいまで!
前の3連符でグシャッてなっても終わりがキマればよし!とのことです(笑)


以上よろしくおねがいします!
 
 

目覚めよと呼ぶ声について

 投稿者:ひるかわ  投稿日:2014年 3月 2日(日)19時55分56秒
返信・引用
  こんばんは

目覚めよと呼ぶ声のトロンボーン(とホルンetc)パートが不思議な楽譜で色々調べました。
僕自身勘違いしてたところがあるので、共有します。

この曲はもともとバッハのカンタータです。(要するに歌です)
↓参考URL
http://www.youtube.com/watch?v=__lCZeePG48

で、勘違いしてたのが、
原曲は合唱曲だと思ってましたが、それは間違いで歌ってるのはテノール一人だけでした。
実際には、クラとかが吹いているのは弦楽の伴奏部分で、
トロンボーン等の吹く部分だけが歌詞がつく部分なんですね。
つまり僕らは主役だったんですねー。
いやー、対旋律くらいに思ってました~。
もっと朗々と歌っていいんですねー、と思いました。


youtubeの原曲だと、テノールが歌い始める直前で弦楽が音量を一段小さくしてますし、
曲の作り方が全然違いますね。
※音源でもらったものだと、そこまで露骨にテノールパートをフィーチャーしていないし。

編曲者のリードの意図もあるからわからないけど、
どちらが正しいともいえないから、指揮者に従いましょう(笑
 

メモ

 投稿者:杉原  投稿日:2013年 9月22日(日)16時29分14秒
返信・引用
  オフらしいオフが久々でしたがバル○ンで最近入荷した楽器を吹いてきました。

バックの新製品のアルティザン(インフィニティ)とエドワーズのアレッシホーンです。

バックのほうは今までのバックとは違う感じでした。
エドワーズに近い感覚でしたけどそんなにマッチョ系な感じもなく、入れた息がそのまま反映されて素直な楽器かなという感想です。久々に名器を吹いた気がしましたが同じバックだし、値段がな・・・というのが本音です。まぁ、興味のある方はまず吹きに行ってみてください。

エドワーズのほうはよく鳴りました。細かいニュアンスもつけやすいと思います。
ただし、自由にコントロールするには今の練習量だと圧倒的に技量とスタミナが足らないとも感じました。高嶺の花って感じです。

こんな書き込みも悪くないですよねw
また、試奏機会があれば書いてみます。
 

ふぁみこんフワリ

 投稿者:杉原  投稿日:2013年 9月22日(日)07時05分1秒
返信・引用
  おはようございます。
ふぁみこんのフワリですが希望があれば来週の火曜までにご連絡ください。
来週の水曜に暫定版(暫定版=確定版でいきたいですが)を発表します。
もちろんバランス等は配慮しますが遠慮なく希望は教えてください。
よろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:キヨマツ  投稿日:2013年 9月17日(火)20時32分17秒
返信・引用
  こんばんは、お久しぶりです。

休団期間を延長させて頂くご報告です。
ファミコンが終わるまで休団させて頂きます。
理由は、内定先の研修、学業、旅行などで忙しくなる時期なので…。
復帰は一月からと考えています。

長期の休団申し訳ありません。
よろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:杉原  投稿日:2013年 9月 6日(金)10時09分48秒
返信・引用
  おはようさんです。
書き込みが遅くなり申し訳ないです。

先日の録音を聴きましたが、概ね良くなってきたのかなと。

トロンボーン的には強奏時に縦がズレたり吹き過ぎのような雰囲気があるのでちと落ち着いていきましょう。

なお、ユニゾンのバランス作りは前回のパート練習同様です。(確認)

課題曲ですが、軽いイメージで吹きすぎないように。あとはCやDのアウフタクトで転びそうになるので気をつけましょう。
自由曲は弱奏のハーモニーが大味な印象です。もう少し繊細になりそう。
トロンボーン単体で目立つ箇所は申し訳ありませんがあまりないので、自己主張は控えめに。
ハーモニーの箇所は5人でピッタリ合わせましょう。(大体の箇所ですが…)

細かく書くと自分でもわけわからないなりそうなので以上です。
明日、再度口頭で確認しますね。新しいことを言うつもりは全くありませんでよろしくお願いいたします…。
 

8月25日 大澤先生&瀬戸先生レッスン振り返り

 投稿者:塚本  投稿日:2013年 8月26日(月)00時35分9秒
返信・引用
  今日のレッスンの振り返りです!

【全体を通して】

×雑念(テクニック)にとらわれて仕事をこなすような演奏になっている
×練習で同じことの繰り返しになり、どう表現するかイメージすることがなくなっている
→当たり障りのない、つまらない、魅力のない演奏になってしまう。

⇒常に「こう吹こう!」と思ってやってみる。感性・想像力を常に使って、毎回ちがうように。
そうして新鮮味のある演奏をめざす。

…これを一番言われました。特に課題曲は、音程、テンポなど基本的な技術を気にしすぎて意思がなくなってこないようにしないといけないですね!


【課題曲】
・冒頭はあまり吹かない!mfくらいで。上行→下行(Tp)と下行→上行(Tbなど)の反行し合うフレーズが明確にわかるようにするため。
・pの音色が暗い(→音が通らなくなるから×)。Durで求められる音色を意識すること。
・音楽は「終止形」の連続。常に、終止形(ⅴ)に向かってテンションを上げていく気持ちをもつ。(例えば、Bは18・19小節目にむけてテンションあがっていく)


【ダフクロ(全員の踊り)】
・慣れもあってか、テンポ上げても速くなった感じがしなく、ぬるい。
⇒前向きな緊張感・スピード感をもつこと


【ほか確認事項など】
・課題曲、Gは各パート1本
・自由曲、26・60・305は各パート1本
・自由曲、261はパート入れ替え無し
・358~合唱パート追加(2本。案としては、ここからえりこさん&洋子が合唱隊に、加藤さんが2nd。合唱のどのパートやるかはまだ決まってないです)


とりあえずこんな感じです!まだいただいたコメントありますが、水曜のパート練習のときに伝えますね。

>杉原さん&加藤さん
補足や、これちょっと違う!っていうのがありましたら、追加書き込みお願いします!



 

(無題)

 投稿者:すぎはら  投稿日:2013年 6月20日(木)22時53分46秒
返信・引用
  お疲れ様です。さて、今週末本番ですね。
先週の録音を聴いて、個人的に頭に留めて欲しいことをいくつか申し上げます。

バスの人
・強奏時に音が硬くなる傾向があります(課題曲・マスク等。音色が浮いている)
・伴奏時のVib過多の傾向があります(レイラや交響組曲のコラール)
・時折、走りぐせがあるように聞こえます(マーチ全般)

いずれもパート練習ではあまり気にならなかったのですが、合奏時の録音だと気になります。人が多いから負けじと主張されていますか?普段のパート練習通りで全く問題ないと思いますー。

テナーの人
・強奏時に炸裂系(破裂音)になる傾向があります(というかこれは私ですorz)
・時折、2 ndが埋もれている感じがします。音域上、1 stより大きめに吹くのがセオリーです(和音の役割にもよりますがね。アメオケだと2 nd重視の傾向が強いらしいです)
・ラッパと吹き方(音の処理)が異なる箇所がたまにあります。(弱奏多し)

こんなところです。
今までのパート練習でいいときが出来れば問題ないと思いますがw
あとは各々で不安な箇所は最後の抵抗をしましょう。

ちなみに、本番中に仮にミスっても、顔に出してはいけませんよ!笑
 

あらら

 投稿者:なかむら  投稿日:2013年 6月11日(火)15時14分44秒
返信・引用
  一部分、重複してる箇所があるね。
ごめんなさいm(._.)m
 

ミヒャエル・マソン ウォームアップ講座

 投稿者:中村  投稿日:2013年 6月11日(火)15時05分59秒
返信・引用
  こんにちは。

先日のパート練習の際にご紹介しました、ミヒャエル・マソン(元ベルリン交響楽団主席奏者)が東京の楽器店DACにて行った講座の内容を以下の通り転記しておきます。

皆、いい演奏をしたいと思っているのには変わりはないんですよね。色んな人から色んな事を言われますが、(但し、いきつくところは同じなんですが・・・)大切なことは、自ら工夫して練習していくことだと思っています。

では、定期演奏会まで残り日数12日間。頑張っていきましょう!

【以下講座内容】


●ウォームアップン講座
【はじめに】

マウスピースの先端を加えて、息を吸い込む。
息を吐く時は口から離す。自分の体を風船だと思って息を一定に吸って吐く。リラックスした姿勢で行う。(足を肩幅に開いて行うのが理想。)

音を出すときには「オー」と言う。 指を口に当てて、その指を吹くようにする。
力んで吹かない!リラックスして一定に。

次に、楽器にマウス ピースを付けて、口にマウスピースを当てて吹く。息を同じリズムで吸って吐く。
体が慣れてきたら、同じ要領で音を出してみよう。
力を入れすぎない!! トロンボーンは暖かい息で吹くこと。手の甲に息を吹きかけてトレーニングする。そうすると、きれいな音が出る。

次に、楽器にマウス ピースを付けて、口にマウスピースを当てて吹く。息を同じリズムで吸って吐く。
体が慣れてきたら、同じ要領で音を出してみよう。
力を入れすぎない!!

トロンボーンは暖かい息で吹くこと。
手の甲に息を吹きかけてトレーニングする。そうすると、きれいな音が出る。
【音だし】

Fから半音ずつ下がってロングトーン。
下顎を上げないこと。下顎を床に向けてリラックスして吹く。高音が出るようにするには、低音から上がっていく練習がよい。 口を開けて歯を開けるイメージで、暖かい息を吐く!

キツくなってきたら、マウスピースに戻る。 練習していて、音が固くなってきたり、響かなくなってきたらマウスピースに戻ること。
リラックスしてきたら、楽器に付けて吹く。
●その他マソン氏が質問に答えてくれた内容を一部ご紹介いたします。

【高音のアンブシュア】
口角を外に引くのではなく、中に入れるイメージ。リラックスして、音を押し出さない事!
毎日規則正しく下から上に上がっていく練習をすると、高音が出るようになる。
力を入れないで、音を押し出さない事が大切。リラックスして吹くこと。
※力を入れないと出ない音は、マウスピースに戻って練習する。(マウスピースのみで吹くと音が押し出せないので。)

【リップスラー】
口角を固定して口だけを動かすこと。最初は簡単なリップスラーから練習していくこと。

【タンギング】
初めはノータンギングで、ろうそくの火を消すように息を吐き出す。 手を使ってイメージを頭に入れる。
楽器を付けて同じように吹く。息のスピードは速く。
「オー」と発音して吹く事。 息が少ないのに舌を使いすぎるのはダメ。

【演奏中に考えている事】
演奏中は「音色」と「音楽」のことを考えている。
本番前は絵のように自分の出したい音を思い描いておく。音色を作るには集中力がとても必要。
トロンボーンのいいところは、自分の想像した音が出せるところ。
また、良い演奏をたくさん聴くことは、自分の音色の想像力を育てられるので、とても大切です

 

レンタル掲示板
/23